Hulu

GIVER 復讐の贈与者が見れるVODは?【あらすじ付】

GIVER 復讐の贈与者が見れるVOD(動画配信サービス)

VOD
動画配信サービス
配信 お試し登録 月額
公式サイト 500円(税抜)
31日間無料
定額見放題 公式サイト 933円(税抜)
14日間無料
レンタル300円
(税抜)
公式サイト 1,990円(税抜)
31日間無料
定額見放題 公式サイト 500円(税込)
30日間無料
公式サイト 800円(税抜)
30日間無料
公式サイト 888円(税抜)
1か月間無料

年会費4,900円(408円/月)
こちらは2019年4月4
日に作成したものです。現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。

GIVER 復讐の贈与者のあらすじ

生まれつき人間としての感情が欠落している主人公の義波淡々と他人の復讐を請け負い、完ぺきにこなす

依頼者は同級生を殺された女子高校生、結婚詐欺にあった女性、連続殺人被害の家族…など様々。

義波は依頼者の要望に応じて、ターゲットの心をえぐるような最適で残酷な方法で追い詰めていく。

仲間は数人、統率するのはTAKER(テイカ-)と呼ばれる謎の少女。なぜ彼らは復讐代行業を始めたのか?

1. 第01話「バベル」

高層ビルの展望室に現れた伏見廉也(吉村界人)は、突然ショットガンを乱射。さらに客全員を人質に。フロアが騒然とする中、高校で同級生だった“岡本”を呼び出す伏見。そこには青ざめた岡本が…。これは10年前に展望室でのある出来事に端を発した、岡本への復讐劇だった!2人の間には一体何が?そんな復讐に意外な形で絡んでいく義波(吉沢亮)。展望台の客を巻き込んだ復讐劇の結末とは…

2. 第02話「ピース・メイカー」

青山和典(板尾創路)は娘の佑香(駒井蓮)に見送られながら再就職の面接へ向かうが、社員に扮した義波(吉沢亮)に案内された面接会場は、露出度の高い女性ダンサーが踊るショーパブと異様な雰囲気…店内には離婚裁判の相談に来た男と、不眠症改善セミナーに来た女が。だまされたことを悟った3人に、義波は5年前の少年少女誘拐殺人事件の犯人からの復讐依頼で、返して欲しい物があると被害者遺族の3人を集めたことを告げる…。

3. 第03話「コールド・ケース」

朝美(小野ゆり子)と和樹(渡部秀)は、ある目的で河田(仁科貴)を殺害。義波(吉沢亮)のターゲットでもあったが先を越され義波は車で逃亡できないよう細工し2人を妨害する。一方、報告を受けたテイカー(森川葵)は、安田(ぼくもとさきこ)に2人を探るよう指示。安田は協力者の女の子と母娘を装い、雨の中夜道を歩く2人に車で接触を試みる。「乗ってく?」と声の主が女性で油断したのか朝美と和樹は安田の車に乗り込み…。

4. 第04話「グラスタンク」

高校の同級生・結衣子(川島海荷)から呼び出された美咲(冨手麻妙)は、見ず知らずの義波(吉沢亮)を突然紹介される。美咲は事態が飲み込めないでいると…2年前に遺体で発見された2人の親友・菅野希(春花)の復讐を頼んだという。当時、希は事故死とされたが結衣子は他殺とにらんでいた。復讐に向けどんどん話が進む状況についていけない美咲は困惑する。しかも義波が手配した車には既に犯人と思しき男が拘束されていて…

5. 第05話「ナイト・ジャーニー」

「正義の執行」…北尾英司(野間口徹)は、負傷した足を引きずり、仲間を裏切った自分にそう言い聞かせていた。そんな中、妻と息子の元に帰るため立ち寄った金券ショップで、偶然にも妻との思い出の映画のチケットに目が止まる。その足で映画館を訪れるがなぜか隣には義波(吉沢亮)の姿が…。しかもスクリーンに映し出されたのは、隠していた本当の姿だった!夜の映画館で上映される“失意の復讐劇”の意外な結末とは!!

6. 第06話「象の鎖」

義波(吉沢亮)とテイカー(森川葵)は、不可解な点が多い案件を野上朝美(小野ゆり子)と小野田和樹(渡部秀)に託す。突然の初仕事に戸惑いつつ、まずは依頼人の三島真緒(桜井ユキ)と長谷田時子(霧島れいか)に会いに行く。真緒と時子はセレブが集まる超高級タワーマンションに住んでいたが実は人に言えぬ秘密を抱える異質な友情で繋がっていて…。ひた隠しにする2人の関係とは!一夜を境に“欲望の復讐劇”の幕が開ける…。

7. 第07話「スプリング・ブレイク」

一軒家カフェで働く渡瀬翔子(夏菜)は、店長の吉野たまき(黒沢あすか)に恩があった。命を絶とうとしていた時に救ってくれたのだ。その日以来、何から何までたまきの世話になっている。同じカフェで働く飯野里美(菅野莉央)も同じ境遇だった。そんな中、カフェに見知らぬ男–義波(吉沢亮)が来店。客かと思いきや謎の一言を放つ。「スプリング・ブレイクをお願いします」…その言葉を聞いたたまきは、なぜか固まってしまう。

8. 第08話「バビロン」

展望室で義波(吉沢亮)が伏見廉也(吉村界人)に復讐を執行し終わったかに思えたが、ターゲット捕獲もなぜか爆発が止まらず、テイカー(森川葵)は共犯者の存在を疑う。展望室にいるのは義波、伏見、志尾とバイト中だった松永(高橋努)。伏見の共犯者は志尾か?松永か?さらに脱出中にアリサ(小倉優香)らと遭遇。しかもアリサは銃を所持していて…謎の組織『バンク』の存在、さらに義波をめぐる人格破壊バトルが勃発!

9. 第09話「キャッチャー・イン・ザ・ライ」

山崎邦夫(丸山智己)は商店街で1人汗だくで焦っていた。幼い息子が姿を消したからだ。心配して声を掛けてきた男女に事実を打ち明けていると、携帯に一本の電話が…「瑛輔くんは誘拐した」。その後目撃した不審な男を追うも、逆に山崎が車に無理矢理押し込まれてしまう。そして車中にいた義波(吉沢亮)から驚きの言葉を告げられる。「返してもらいましょうか…あなたが17年前に殺した遺体を」。山崎の過去に何が?依頼者は一体誰!?

10. 第10話「リベンジャー」

地下アイドル血ノ池ぴち(一ノ瀬みか)がライブ中に感電死した。その死を受けて、幼なじみの川原秀斗(一ノ瀬ワタル)は復讐を依頼。事故死なのになぜ復讐なのか?野上朝美(小野ゆり子)と小野田和樹(渡部秀)が理由を聞くと、ぴちの残酷なパフォーマンスをネットで批判した全員への復讐だという。あまりの高ぶりに手に負えなく、2人は川原との交渉を義波(吉沢亮)に託す。それはテイカー(森川葵)の指示と聞くが…。

11. 第11話「ギバー」

志尾(田山涼成)の手下になった朝美(小野ゆり子)と和樹(渡部秀)は義波(吉沢亮) を実家へ連れていく。姉の記憶を蘇らせたい志尾の命令だ。義波が10歳の時に両親が強盗 に殺害された現場でもある。この家で姉と暮らし始めたのは事件から7年後。感情の欠落 した義波の唯一の味方(姉)が、両親の死で苦しめられている…その姿を見た義波は犯人 に復讐すべく代行業者の町田(水橋研二)に接触。町田がたどり着いた真犯人とは…!

12. 第12話「テイカー」

義波(吉沢亮)はテイカー(森川葵)が監禁されている廃工場へ向かう。するとどこから か志尾(田山涼成)の声が。そして志尾は義波の両親を殺したのは義波自身だという事実 を告げる。姉は義波の罪を引き受け死んだのだと。見つけ出した志尾から、テイカ-と姉 と瓜ふたつの果菜子(夏菜)の命を懸けた最後のゲームが告げられる。両親の死の真相と 仲間の死、全ての元凶が自分と知り壊れる義波…究極の選択と最後の復讐劇の結末とは!

キャストとスタッフ

出演

吉沢亮,森川葵,小野ゆり子,渡部秀,水橋研二,ぼくもとさきこ,田山涼成,夏菜,田山涼成

補足情報

放映日

2018年7月期